【ポケモンユナイト】「エースバーン」使い方(立ち回り・持ち物・メダル)

こんにちは!ぽいずみです。

この記事では、「Poke’mon UNITE」のキャラクター「エースバーン」の使い方について考察します。

基本情報

ステータス

通常攻撃特性
3回目の通常攻撃は強化攻撃となり、命中時に与えるダメージが増加する。
強化攻撃の準備状態が取り消されることはない。
【もうか】
わざを使うと、次の通常攻撃が強化攻撃になる。
通常攻撃かわざを相手のポケモンに命中させると、相手のポケモンに火がつきはじめる。
そのまま何回も命中させると、相手のポケモンに追加ダメージを与えることができる。
HPが半分以下のとき、少しのあいだ急所率が10%上がり、通常攻撃が20%速くなる。
いちど発動すると、次に発動するまで30秒の待ち時間が必要。

強化攻撃はダメージが上がるのみの効果だが、強化スタック2つ溜まっているときに時間経過で自然消滅しない点が強み。

特性の【もうか】はエースバーンの強さを支える効果。要約すると技使用後に強化スタックが溜まり、かつ通常攻撃を連続で当て続けたときにダメージが大きくなる。HP半分以下で発動する効果は強力だが低耐久のエースバーンにとってHP半分以下の状態は危険なため、狙って使用するのは難しい。

初期技

初期技CD補足
【レベル1or3】ひのこ6秒小さなほのおを発射して攻撃する。
わざ命中時に相手のポケモンにダメージを与え、少しのあいだ(3秒間)やけど状態にする。
やけど状態になったポケモンは攻撃と特攻が5%下がる。
【レベル1or3】ローキック7.5秒指定した方向へ素早い動きで移動し、当たった相手のポケモンにダメージを与える。

メイン攻撃技となる「ひのこ」を先に習得する。

ひのこ

射程の長い必中技で、技が命中した相手をやけど状態にすることができる。射程が長い弊害で狙っていない相手ポケモンにターゲットが吸われることもあるので、攻撃対象は手動で調整した方が無難。

ローキック

シンプルなムーブ技。技自体のダメージは低いが、特性により強化スタックが溜まるため「強化攻撃→ローキック→強化攻撃」のコンボで火力を出すことができる。

わざ1

わざ1CD補足
【レベル7】かえんボール5秒指定した方向へ炎のボールを蹴り、命中させた相手のポケモンにダメージを与え、少しのあいだ(3秒間)やけど状態にする。
やけど状態になったポケモンは攻撃と特攻が5%下がる。

レベル11:わざ命中時に「ニトロチャージ」か「フェイント」の待ち時間が3.5秒短くなる。
【レベル7】ブレイズキック8秒ほのおをこめたとびげりで攻撃し、そのあと指定した方向へジャンプする。
このわざは命中すれば必ず急所に当たり、相手のポケモンをつきとばして少しのあいだ(3秒間)やけど状態にする。
やけど状態になったポケモンは攻撃と特攻が5%下がる。
わざを使っているあいだは妨害されなくなる。

レベル11:わざ命中後に通常攻撃が少しのあいだ(3秒間)65%速くなる。

かえんボール

長射程攻撃で、命中した相手ポケモンをやけど状態にする。

エースバーンは通常攻撃で火力を出せるポケモンのため積極的に採用したい技ではないが、単発でそれなりにダメージを出せること、エースバーンにとって貴重な範囲攻撃技という強みはある。

アップグレード後は技命中時にわざ2のCDが大幅に短縮されるため、機動力が向上する。

ブレイズキック

ターゲットの相手ポケモンにとびげりする必中技。

相手ポケモンをつきとばしつつ距離を取ることができるため、特に一対一の状況で強力。

この技の真価はアップグレード後の効果で、通常攻撃の速度が速くなる。「ブレイズキック」を当てた後は通常攻撃を連打してダメージを稼ぐ。

わざ2

わざ2CD補足
【レベル8】ニトロチャージ5秒ほのおをまとって突撃し、当たった相手のポケモンにダメージを与える。

レベル13:わざが終わってから次の強化攻撃を命中させると、相手のポケモンの移動速度を少しのあいだ(2秒間)30%下げるようになる。
【レベル8】フェイント9秒わざを使うと自分の移動速度が少しのあいだ(2秒間)40%上がり、0.73秒間まもり状態となる。

レベル13:わざに続いて通常攻撃を相手のポケモンに命中させると、3回までHPが与えたダメージの30%回復する。

ニトロチャージ

「ローキック」の上位互換のようなムーブ技。

CDが短いため使い勝手が良く、相手ポケモンとの対面で距離調整での使い方がメイン。

フェイント

少しのあいだまもり状態になる回避技。強力な技でも単発であれば回避することができるため強力な自衛手段となる。

CDが長いため雑にムーブ技として使用すると肝心なところで使用できないことがあるので注意。

ユナイトわざ

ユナイト技CD補足
【レベル9】ブレイズストライク112秒ほのおで巨大なボールを生み出し、指定した場所へシュートして攻撃する。
ボールは凄まじい衝撃波を放ち、範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与える。
ダメージは相手の減ったHPの14%分を追加で与える。
また、ユナイトわざが命中すると自分の移動速度が5秒間10%上がる。

ユナイトバフ:最大HP20%分のシールド+移動速度30%上昇+攻撃速度35%上昇

「エースバーン」のユナイトわざはラストヒットに特化した性能。

HPが減っている相手に対してはダメージが上乗せされる。

強み(長所)

  • 通常攻撃による火力が高い。
  • わざ2がムーブ技となっており、アタックタイプのポケモンとしては自衛能力は高め。
  • ユナイトわざが高火力+長射程+範囲攻撃と三拍子揃っており、ラストヒットを狙いやすい。

弱み(短所)

  • 範囲攻撃手段に乏しい。
  • 成長が遅く、序盤が特に弱い。
  • 場所指定の攻撃技が少なく、ブッシュチェックが苦手。

おすすめの構成

「ブレイズキック」×「フェイント」型

ビルド

わざ1ブレイズキック
わざ2フェイント
もちもの1ピントレンズ
もちもの2ちからのハチマキ
もちもの3れんだスカーフ
バトルアイテムプラスパワーorだっしゅつボタン
メダル茶6白6+急所率上昇

もちものは「ピントレンズ」「ちからのハチマキ」「れんだスカーフ」を持たせる。通常攻撃が主な火力となるためこの組み合わせでほぼ固定。

バトルアイテムについては、瞬間火力を高めるために「プラスパワー」がおすすめ。ファイトでの安全を優先させるなら「だっしゅつボタン」もあり。

メダルはブラウンとホワイトを優先させ、メダルの追加効果は急所率上昇のメダルを優先させる。火力特化にする場合はホワイトの枠を削ってレッドを3枚付けても良い。

レーン選択

序盤のレーン戦が弱く大器晩成型のため中央レーンを選ぶ。

尚、テイア蒼空遺跡におけるアギルダーの赤バフは相性が良いため積極的に取っておきたい。

立ち回り

「ブレイズキック→強化攻撃」が基本コンボ。「ブレイズキック」がアップグレードするレベル11からが本番のため、それまではKOされないように立ち回ること優先。

「フェイント」は相手の攻撃に合わせてジャストタイミングで避けるのが理想。ただし実際は難しいため相手ポケモンが近づいて来たら早めに使用して後退してしまった方が安定。

「かえんボール」×「ニトロチャージ」型

ビルド

わざ1かえんボール
わざ2ニトロチャージ
もちもの1ピントレンズ
もちもの2ちからのハチマキ
もちもの3するどいツメorれんだスカーフ
バトルアイテムだっしゅつボタン
メダル茶6白6+急所率上昇

もちものは「ピントレンズ」「ちからのハチマキ」「するどいツメ」を持たせる。「するどいツメ」は「れんだスカーフ」でも良いが、技のCDが短いという「かえんボール」×「ニトロチャージ」型の強みを活かす場合は「するどいツメ」がおすすめ。

バトルアイテムは自衛能力の低さを補うために「だっしゅつボタン」を採用。

メダルはブラウンとホワイトを優先させ、メダルの追加効果は急所率上昇のメダルを優先させる。火力特化にする場合はホワイトの枠を削ってレッドを3枚付けても良い。

レーン選択

レーン戦が弱く大器晩成型のため中央レーンを選ぶ。

尚、テイア蒼空遺跡におけるアギルダーの赤バフは相性が良いため積極的に取っておきたい。

立ち回り

「かえんボール→強化攻撃」のコンボで細かくダメージを稼ぐ。

「ニトロチャージ」は基本的に位置調整用に取っておく方が良いが、「かえんボール」がアップグレードしてからはCD短縮効果が付くため「ニトロチャージ→強化攻撃→かえんボール→強化攻撃」のコンボで火力を出しても良い。

「エースバーン」使い方のまとめ

本記事では、「エースバーン」の使い方について考察しました。

キャラ選びの参考程度になれば幸いです。

それでは。