【ポケモンユナイト】「マフォクシー」使い方(立ち回り・持ち物・メダル)

こんにちは!ぽいずみです。

この記事では、「Pokemon UNITE」のキャラクター「マフォクシー」の使い方について考察します。

基本情報

ステータス

通常攻撃特性
3回目の通常攻撃は強化攻撃となり、命中時に与えるダメージが増加する。【もうか】
残りHPが少ない(50%以下)時にわざを使うと、ほのおで相手のポケモンに追加ダメージを与える。
いちどこのとくせいが発動すると、次に発動するまで一定の時間(15秒)が必要。

初期技

初期技CD補足
【レベル1or3】ひのこ6秒前方へ小さなほのおを発射し、当たった相手のポケモンにダメージを与える。
【レベル1or3】おにび7秒怪しい炎を3つ召喚し、指定した場所へと飛ばす。
飛んだ炎は爆発を起こし、当たった相手のポケモンにダメージを与え、少しのあいだ(2秒間)移動速度を30%下げる。
最初の炎が命中すると、その後の炎が同じ相手に与えるダメージが50%減少する。

範囲攻撃の「おにび」を先に習得する。

「ひのこ」は序盤の技としては火力は高めだが、単体にしか攻撃がヒットしないため野生ポケモンの取り合いでは使いづらい。

わざ1

わざ1CD補足
【レベル5】だいもんじ6秒前方へ大の字のほのおを放ち、当たった相手のポケモンにダメージを与える。
大の字が通った跡は、ほのおのゾーンになる。
時間差で爆発が起き、範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与える。

レベル11:与えるダメージが増加する。
【レベル5】マジカルフレイム4.5秒前方へふしぎな炎を発射する。
相手のポケモンに当たると爆発を起こし、範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与える。

レベル11:命中時にすべてのわざの待ち時間が1秒短くなるようになる。
命中したのが相手チームのポケモンだった場合はさらに短くなる(1.5秒)。

技1はマフォクシーのメインとなる攻撃技。

「だいもんじ」は比較的シンプルな遠距離攻撃技。CDが短めなため気軽に打ちやすいが、射程はそれ程長くなく技使用時に硬直してしまうため、無理に前に詰めて当てに行かないように注意。

「マジカルフレイム」はこの技単体だと使い勝手が悪いが、技2の「ニトロチャージ」と組み合わせた偏差撃ちが強力。また、アップグレード後のCD短縮効果が強力なため、真価を発揮するのはレベル11以降になる。

わざ2

わざ2CD補足
【レベル5】ほのおのうず8秒指定した場所にほのおのうずを巻き起こす。
うずは距離が最も近い相手のポケモンへ引き寄せられるように動き、範囲内にとらえた相手のポケモンに少しのあいだ継続ダメージを与え、移動速度を5秒間30%下げる。
一定時間(4.5秒)が経つ、またはうずの中心が相手のポケモンをとらえると、ほのおの勢いが増す。
ダメージを与える頻度が高くなり、相手のポケモンを少しのあいだ(1秒間)行動できなくする。

レベル13:ほのおの勢いが増したとき、範囲内にいる相手のポケモンに与えるダメージが増加する。
【レベル5】ニトロチャージ4.5秒指定した方向に突進する。
突進が終わったとき範囲内に相手のポケモンがいたら、ほのおを3つ召喚して攻撃する。
ダメージを与え、少しのあいだ(2秒間)移動速度を30%下げる。
このわざは「だいもんじ」または「マジカルフレイム」を使っているあいだにも使用できる。
最初のほのおが命中すると、その後のほのおが同じ相手に与えるダメージが70%減少する。

レベル13:わざを使ったとき自分の移動速度が少しのあいだ(1秒間)30%上がる。

「ほのおのうず」は自動で相手ポケモンを追尾してくれる使い勝手の良い行動妨害技。射程の長さを活かし、遠距離からこの技をばら撒いて前に詰められるタイミングで技1を当てに行くイメージ。

「ニトロチャージ」はCDが短めのムーブ技。技1使用中にも使用できる特徴があり、これにより偏差撃ちが可能になる。

ユナイト技

ユナイトわざCD補足
【レベル9】マジカルフェスティバル84秒指定した範囲内にいる相手のポケモンに継続ダメージを与える。
命中した相手のポケモンの移動速度を少しのあいだ(1.75秒間)50%下げ、HP回復効果も50%弱くする。

ユナイトバフ:最大HP20%分のシールド+移動速度30%上昇+わざの待ち時間30%減少

広範囲技で集団戦はもちろんのこと、HP回復量減少効果のおかげでタワーダイブで特に強力。

瞬間火力は低いため、すぐに技の効果範囲から逃げられないように技を使い終わって身動きが取れなくなっていたりそもそもムーブ技を覚えない相手チームのポケモンをターゲットにしたい。

強み(長所)

  • 主要火力技となる技1の「だいもんじ」「マジカルフレイム」のCDが短い。
  • ユナイトわざ「マジカルフェスティバル」のCDが短い。

弱み(短所)

・一つ目の技の習得がレベル6と遅く、序盤が弱い。

おすすめの構成

「だいもんじ」×「ほのおのうず」型

ビルド

わざ1だいもんじ
わざ2ほのおのうず
もちもの1エナジーアンプ
もちもの2すりぬけスプーン
もちもの3こだわりメガネ
バトルアイテムだっしゅつボタン
メダル黒7緑6+特攻上昇

もちものは「エナジーアンプ」「すりぬけスプーン」「こだわりメガネ」を持たせる。

バトルアイテムは低い機動力を補うために「だっしゅつボタン」を採用する。

メダルはブラックとグリーンを優先させ、メダルの追加効果は特攻上昇を優先させる。

レーン選択

早期にレベル6、7を目指すために経験値量の多い下レーンを選ぶ。

立ち回り

「ほのおのうず→だいもんじ」が基本コンボ。「ほのおのうず」相手ポケモンを拘束してから「だいもんじ」でダメージを稼ぐイメージ。

「ほのおのうず」は相手ポケモンに直接当てにいくより、進行方向を塞ぐように使用すると結果的に当てやすい。通常攻撃についてはほとんどダメージを出せないため、ファーム以外では無理に相手チームのポケモンに通常攻撃を当てに行って距離を詰めるよりは、素直に技のCDを待った方が良い。

「マジカルフレイム」×「ニトロチャージ」型

ビルド

わざ1マジカルフレイム
わざ2ニトロチャージ
もちもの1エナジーアンプ
もちもの2すりぬけスプーン
もちもの3かいがらのすず
バトルアイテムだっしゅつボタンorヌケニンにんぎょう
メダル黒7緑6+特攻上昇

もちものは「エナジーアンプ」「かいがらのすず」「すりぬけスプーン」を持たせる。技の回転率が重要なビルドのため、技の待ち時間短縮効果のある「エナジーアンプ」と「かいがらのすず」を採用している。

バトルアイテムは立回り強化のために「だっしゅつボタン」を採用する。技の機動力が高く、CDが短い強みを活かして「ヌケニンにんぎょう」で相手の攻撃をいなしてから撤退するという選択肢もあり。

メダルはブラックとグリーンを優先させ、メダルの追加効果は特攻上昇を優先させる。

レーン選択

早期にレベル6、7を目指すために経験値量の多い下レーンを選ぶ。

立ち回り

「マジカルフレイム→ニトロチャージ」が基本コンボ。「マジカルフレイム」使用中に「ニトロチャージ」を使用し、移動しながら「マジカルフレイム」を当てることを狙っていく。

「ニトロチャージ」で移動する方向は基本的に後方か斜め後ろで、前方に攻めるのは味方前衛が前で戦っている時か、ラストヒットが狙えるときのみ。自身の耐久性能は低いため、「マジカルフレイム」を当てることに集中しすぎて不用意に前に詰めると身動きが取れずそのままKOされる可能性が高いため要注意。尚、「マジカルフレイム+」は技命中時に全ての技のCDが短縮される効果が付与されるため、できるだけ早期にレベル11を目指したい。

「マフォクシー」使い方のまとめ

本記事では、「マフォクシー」の使い方について考察しました。

キャラ選びの参考程度になれば幸いです。

それでは。